女性のためのトータルヘルスプロモーション 健・幸・美 婦人科・心療内科・内科

女性のためのトータルヘルスプロモーション健・幸・美 院長 / 横倉 恒雄(よこくら つねお)

横倉クリニック(東京都港区)では、女性の病気、心と身体の悩み、健康を、婦人科、心療内科、内科にて対応し、同時に、学会発表した新しい健康理論からトータル的にアプローチします。例えば、更年期障害や月経前症候群などでは、婦人科のホルモン的なアプローチのみではなく、同時に精神的なアプローチも行っています。また、口コミやメディアでも話題にして頂いているクリニック併設の健康外来サロンでは、日々の生活の中で心と身体と美の健康感・満足感・充実感を実感し、そこから自然に生まれる「幸」福感こそ「真の健康」と捉え、私共が目指しているものです。クリニック、サロンでは、紅茶(黒砂糖付き)、マッサージチェアをご利用頂けます。

診療時間<9:30~13:00、15:00~18:30 / 土曜 10:00~13:00>

受付時間 日・祝
9:30~12:45 10:00~12:45
15:00~18:15

※初診の方は12:30、18:00までの受付となっております。

※当院ではクレジットカードはご使用出来ません。

診療科目 婦人科・心療内科・内科

初めての方へ

お知らせ

2019-07-11お知らせ
夏季休診
 8月15日(木)~ 20日(火)
 休診とさせて頂きます。
2019-06-26お知らせ
港区無料子宮癌・乳癌検診が始まりました。
当クリニックは予約なしで受診できます。

期間  7月1日から1月31日
対象者 子宮癌検査    21才~
    乳癌検査     30才~39才
    超音波検査(限定)20才~49才

今朝の院長のひとりごとメルマガ登録はこちら

横倉クリニック

2019.7.22
クリニックのホームページはPC用に力を入れましたが、最近はスマホを見る方も多くスマホも少し詳しく載せることにしました。他のクリニックのスマホを見ると、きれいな写真も多く患者さんに配慮しているような、やや宣伝的な要素が強いようです。私のクリニックのスマホはPCからの掲載部分が多く、どうしても文章が多くなってしまいそうです。でも読んでもらうと、私の医療へのこだわりが少し分ってもらえると思い、文章を中心に持って来ました。読んでもらえるといいのですが。今週中には出来そうです。(今朝の院長の独り言)
https://note.mu/kenkogairaisalon
http://www.yokokura-clinic.com

横倉クリニック

2019.7.20
60才まではウェートトレーニングで筋肉を大きくして見た目をよくする目的でした。60代は富士登山をきっかけに動きと持久力に務めました。最近は体幹と機能を目的のトレーニングに変りました。35才から運動に費やした時間とお金のお陰で今の身体があります。一体いくら掛けたのでしょう。70才代まだまだ身体とオシャレに時間と金を掛けます。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.7.19
33人も亡くなるという悲惨な事件がありました。健幸外来を始めて30年前、ある本に書かれていた「健やかに生きること、健やかに死ぬことが健幸」という言葉に衝撃を受けました。医師はどうしても死を医学的に捉えてしまいがちです。人の死は科学的現象と魂を持った人生の終焉と捉えるようになりました。一時は医療関係者から横倉宗教と揶揄されましたが、最近ようやく理解され出しました。生きることも死ぬことも宗教でも医学でもなく健幸科学なのです。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

20197.18
自衛隊は戦闘で人を殺すことを教育されても、人を殺した隊員はいません。災害では人命救助をしています。医師は人の医の命を救うことを教育されます。そのために常に最悪のことを考えてしまい、つい過剰診療に陥ります。患者も不安になってしまいます。そして死亡診断書を書けるのは医師だけです。健幸外来は受診者を元気にすることを考えます。医療とは正反対です。でもそこでは細心の心構えと覚悟が必要です。だから健幸外来が出来る医師がいません。そして受診者の元気な笑顔だけは報酬です。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.7.17
2日間はトレーニングとヨガでベストコンディション、昨日は5件の用事を済ませ、今日から自然体で診療。結局はいつも自由にいつも自然に吹く風の如し恒風です。ただ最近は団扇で風を起こして最高級の炭で新しい火を燃やそうとしています。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.7.13
最近は年令のせいか、華やいだ会や騒々しい会には参加を控えたくなって来ました。何か自分の居場所ではないような気がします。落ち着いてじっくり話ができ、お互いの呼吸が同調するような距離感と雰囲気が好きです。トレーニングもパーソナルが好きです。美人とのデートも好きです。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.7.12
72才、新しい世界に足を踏み込んだようです。その一方で日常茶飯はモノクロ世界です。情感の世界です。最近茶道のせいか、人が生きる根本はこの情感かと感じるようになりました。でもデジタルの世界に情感を吹き込むことが出来るのも人です。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.7.10
60年前、私がまだ小学生の頃に全学連が60年安保闘争を展開し、50年前私が大学生の時には全共闘時代がありました。今、香港で学生が政治を変えています。今はネットの世界が大きな変化を起こしています。これも若者達のエネルギーかもしれません。もう少し先の世界は何が起こるのでしょうか。ただ変らないのは。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.7.11
私が茶道を始めて5年半が経ちました。師匠の指導下で通常の3倍速の稽古でここまで来れました。最近は若い人の茶道人口も増えているようです。オリンピックの選手も茶道を取り入れています。茶道は健幸づくりに最適な手段です。それはそこに人が生きるための美学があるからです。実は死に方も美学です。これが健幸の美学の真髄です。だから戦国武将たちが利休の下に集まって来たのです。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

健幸外来の開設

<健康外来開設のきっかけ>
1990年に日本で最初の「健康外来」を、東京都済生会中央病院にて開設し、1998年には健康外来サロンを併設した新しい健幸概念に基づいた「横倉クリニック」を私が開院しました。

横倉クリニック



横倉 恒雄(よこくら つねお) / 医療法人社団 健人会理事長

ページの上部へ