女性のためのトータルヘルスプロモーション 健・幸・美 婦人科・心療内科・内科

女性のためのトータルヘルスプロモーション健・幸・美 院長 / 横倉 恒雄(よこくら つねお)

横倉クリニック(東京都港区)では、女性の病気、心と身体の悩み、健康を、婦人科、心療内科、内科にて対応し、同時に、学会発表した新しい健康理論からトータル的にアプローチします。例えば、更年期障害や月経前症候群などでは、婦人科のホルモン的なアプローチのみではなく、同時に精神的なアプローチも行っています。また、口コミやメディアでも話題にして頂いているクリニック併設の健康外来サロンでは、日々の生活の中で心と身体と美の健康感・満足感・充実感を実感し、そこから自然に生まれる「幸」福感こそ「真の健康」と捉え、私共が目指しているものです。クリニック、サロンでは、紅茶(黒砂糖付き)、マッサージチェアをご利用頂けます。

診療時間<9:30~13:00、15:00~18:30 / 土曜 10:00~13:00>

受付時間 日・祝
9:30~12:45 10:00~12:45
15:00~18:15

※初診の方は12:30、18:00までの受付となっております。

※当院ではクレジットカードはご使用出来ません。

診療科目 婦人科・心療内科・内科

初めての方へ

お知らせ

2019-07-11お知らせ
夏季休診
 8月15日(木)~ 20日(火)
 休診とさせて頂きます。
2019-06-26お知らせ
港区無料子宮癌・乳癌検診が始まりました。
当クリニックは予約なしで受診できます。

期間  7月1日から1月31日
対象者 子宮癌検査    21才~
    乳癌検査     30才~39才
    超音波検査(限定)20才~49才

今朝の院長のひとりごとメルマガ登録はこちら

横倉クリニック

2019.9.19
昨年クリニック20周年の会を開いた際に、私が決めたドレスコードは「粋と艶」でした。参加者はだいぶ迷われたようです。来週京都に呉服屋さんに京都の案内をお頼みしたところ、「どんな所に行きたいですか」と質問され、私は「京都の粋」と答えたところ、京都では「粋」を「イキ」と読まずに「スイ」と読むのだそうです。やはりだいぶ迷われたようです。文化の違いは日本でも面白いです。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック


人の健康を考えますと、なかなかむずかしい時があります。

 私どもの外来に来られた方の中に「現在の自分の健康を維持したい」と相談に来られた70才の婦人がいました。                      その方は、現在糖尿病で医師や栄養士の指示を忠実に守り食事療法や運動を毎日実行して、医師や栄養士から見れば模範的な糖尿病の患者でした。たしかに体重は良くコントロ-ルされていて皮下脂肪も正常の範囲にありました。        おそらく御本人は、これ以上糖尿病を悪化させたくないと思われ、現在の健康を維持したいー心で来られたのでしょう。

横倉クリニック

2019.9.14
大学時代のヨット部の4年先輩が亡くなり、偶然にも港区医師会で同じ地区でした。ヨット部草創期の学年で一番私を可愛がってくれた学年でした。ヨット部は海でレースでしたので、先輩後輩の関係が命に関るため特に厳しかったです。でも思い出は青春時代の潮っ気たっぷりに真っ黒に日焼けした楽しさだけが残っています。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.9.18
医学部を卒業して産婦人科医となり、45年間分娩や手術を数え切れないほどして来ましたが、最近思うのはどうして神様は男性と女性を創ったのか、そして女性性器は何故尿道と肛門という排泄器官の中間に膣と子宮を創ったのか、どうした臍ではなかったのか、今迄45年間考えもして来ませんでした。女性は奥が深いです。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.9.6
最近通常の外来で脳の話をする機会が増えました。更年期障害も肥満で悩む女性も多い中、ストレスを抱えている女性達も多いです。脳の余裕のつくり方や快食療法について話をすると納得できるらしいのですが、実際に実行できるか外来の説明だけでは難しいです。自分の脳が信じ難いようです。子供頃は健幸脳だったはずなのに。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.9.5
昨日は2通の案内状が届きました。1通は慶応大学医学部産婦人科の100周年記念式典の案内状です。もう1通は私が長年愛用している西島眼鏡さんのこれも100周年の記念の会の案内状です。100年の歴史には関東大震災、空襲による被害、戦後の復興と様々な困難もありました。では、これから健幸外来サロンで100年先の人材育成の塾をそろそろ始めたくなりました。天から172才の私も一緒に見てみたいですね。100年の歴史を。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.8.30
2週間分の受診者の電子カルテの記録を紙カルテに移し変えるためかカルテを出したところ、改めて受診者の多いのに驚きました。こんなに来院してくれるとは本当に有り難いです。一生懸命患者さんに対応しないと申し訳ないと改めて教えられました。紙カルテに戻したことを患者さんに伝えると、ホッとした顔をする人や、やはり話がし易いという人や、中にはゲラゲラ笑う人など様々です。実は私も正直ホッとしています。カルテには患者さんの歴史があるからです。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.8.29
「だるい。落ち込んでいる。やる気が出ない。疲れた。情緒不安。ストレスが強い」と言う人達がクリニックに来ます。一方「元気。大丈夫。疲れない。絶好調」と言う人達も来ています。私の顔を見に来るだけの人もいます。私と喋りたくて来る人もいます。20年間築き上げた私のクリニックの診療です。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック


 最近は「人生100年時代」と言われ、自分の健康に少なからず関心を持っている人が多いです。また日本は世界一の長寿国となり、すでに超高齢化社会が現実として問題となっています。そのため今の世の中は正に健康ブ-ムで、様々な健康問題や健康情報がマスコミを通して世間に氾濫しています。 

 このような社会状況の中で、国民願望の第一位は健康が挙げられているのは当然ですが、一方で国民の不安の第一位にも健康が挙げられています。

横倉クリニック

2019.8.23
様々な事が身の周りに起こります。その時人は一瞬焦ります。それは危険を回避するという動物的本能です。実はその後が重要で、焦りが怒りに変わり闘争本能がむき出しになる人、一瞬佇んで逃げる人、一瞬たじろいだ後、覚悟を決めて受け入れる人。人は様々な生き様を現します。そんな時こそ一服のお茶を点ててみて下さい。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.8.22
電子カルテ導入10日ばかりです。本来電子カルテは人が便利さを追求した結果生まれた記録媒体です。どうやらまだ人が作った電子カルテに人が使われているようです。でも電子カルテに患者さんの訴えや状況を入力すると、なんだか電子カルテに生きている人の心が入ったような気がして、ホッとします。電子カルテを早く使いこなして、人の魂を入力したいです。(今朝の院長の独り言)


横倉クリニック


 私が開業する前に勤めていた病院で日本最初の「健康外来」を1990年に始めました。もちろん、それまでの医療機関では「健康外来」という外来表示はありませんでした。

クリニック開業と同時に健康外来は 『 健幸外来 』という名称に変えました。

横倉クリニック

2019.8.9
電子カルテ導入のため、今週は休診日の1日しかジムに行けていません。サウナにもいけない日々です。ヒョットしてこれは月20日以上ジム通いしていた警告かもしれません。「お前には自分の為ではなく、もっと人の為にやってもらわなければならないことが、まだまだいっぱいあるんだ」という天命かもしれません。そうか、では天命に従うことにしましょうか。ワクワク、エヘヘヘヘヘ。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.8.8
朝から夏の陽射しが照り付けて、今朝は風もなく東京タワーの上の雲の流れもありません。今日も日傘が役立ちます。日傘は雨傘と違い太陽の向きに向けて差します。幼い頃から鎌倉の海岸でビーチパラソルを立てていたお陰で、陽射しと風向きは感覚として分ります。ヨットに乗っている時も同じです。最近男性の日傘が目立つようになりましたが、スーツを着た大柄の男性が小さな日傘を差しているのは、身の丈知らずと思いつつ、ほほ笑ましいと同時に却って暑さを感じてしまいます。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.8.7
電子カルテに切り替え効率が良くなるはずが、初日は慣れないため、80分待ちが出る始末、8人位の受信者が帰ってしまいました。中でも私が一番時間が掛かり、スタッフから「先生何しているの、抜けが多いです「頑張っているよ」「抜けているから診療後まで入力しなければならないのよ」「大丈夫、今日はジムが休みだから、残るよ」。女房までが「ジムが休みだから良かったね」。72才の院長の挑戦はまだ当分続きます。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.8.2
どんなに立派な地位にいても、レベルの低い人はそれでしかないです。レベルの高い人は会えば直ぐに分ります。それも自分の感性で来た人は特にレベルが高いです。そんな人たちが最近私の周りにやって来ます。イタズラで甘えん坊の私の周りに。でも私も雅号「恒風」の如くいつも自由にいつも自然に吹く風のように気儘に過ごしています。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.8.1
8月がスタートし、いよいよ夏本番。夏の陽射しと無風状態はヨットクルージングをしていたら最悪です。クリニックは来週から電子カルテ、紙媒体がなくなり、今夏はトレーニングの夏休みになりそうです。健幸外来サロンも新しいSNSに挑戦です。そんな時は一服の茶を求めて和服で恋庵に行くのも良いです。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.7.31
クリニックに来る人は様々なことで思い悩んでいます。中には元気な人もいます。元気な人が来るクリニックも珍しいです。元気な人と悩んでいる人の違いはどうやら覚悟が出来ているかいないかだけみたいです。何をしても警察には捕まらないし、ホームレスになるわけでもないのに。人が去って行ってもその人はそれだけの人だっただけなのに。聖人になるわけでもないのに。社長になるわけでもないのに。でもそれを受け入れて肯定してくれる場所がないのです。クリニック以外に。だから元気な人まで来てしまうのです。(今朝の院長の独り言)


横倉クリニック

2019.7.29
健幸度は検査や測定しても検査値にも測定値にも出ません。従来の科学が客観性からすべてアプローチしているからです。医療現場では痛みの強さや性質を測定できません。主観だからです。健幸科学は従来の科学理論を超えた主観だからです。「元気が出ました」「楽になりました」「ワクワクします」「心地よいです」「スッキリしました」これを測定できません。だから健幸づくりは運動や栄養学、医学では実現不可能なのです、益々面白く同時に困難なのです。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.7.27
今朝、風を頬で感じましたか、どちらから吹いていましたか、雲の流れが目に入りましたか、陽射しも感じましたか、荒れそうな予感がしましたか、道はまだ濡れていましたか、蒸し暑さの匂いがありましたか、朝食は美味しかったですか、舌で感じましたか、野菜の命を感じましたか、命を頂きますと言いましたか。健幸とはあらゆるものに感謝する心と身体です。感謝の字の中に心と身があるのに気が付きましたか。これが健・幸・美の「幸」です。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.7.26
脳の内分泌学が専門だった私は、人の健幸を脳で捉える事ができました。川の上流にあるのが脳です。生きる能力も脳に存在します。そして生きる能力を実現した動物としての「ヒト」の健康を「人」の健幸にするには「美」が必要です。美容ではなく「人が生きるため美学」です。ここで初めて人間の健幸が達成します。日々の日常茶飯に美学を見つけたのが茶道です。あとは健・幸・美の「幸」です。明日「幸」を喋りましょう。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.7.25
健幸外来サロンでは人の健幸は「健・幸・美」の3要素が基本と提唱して来ました。「健」はヒトが生きる能力の復活です。ところが今の健康づくりでは却って不健康になるばかりです。川の上流の水が汚れているにもかかわらず、川の下流で浄化しようしているだけに過ぎません。そしてストレスが不健康の原因であるにもかかわらず、却ってヒトにストレスを与えているという事実を把握していません。もう30年も前から健幸外来では主張しています。明日「美」について独り言を喋りましょうかね。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.7.24
様々な問題を抱えて穴に落ち込んで受診して来ます。穴に落ち込んでもいいんです。落ち込まないことがいいんじゃなくて、落ち込んでも軽症で済むか、早く這い上がれるかが健幸度です。風邪をひいて軽く済むか、1日で回復するかです。たまに落ち込みもしない横暴な輩がいます。最近は永田町周辺に集中してたむろしているらしいです。(今朝の院長の独り言)

横倉クリニック

2019.7.22
クリニックのホームページはPC用に力を入れましたが、最近はスマホを見る方も多くスマホも少し詳しく載せることにしました。他のクリニックのスマホを見ると、きれいな写真も多く患者さんに配慮しているような、やや宣伝的な要素が強いようです。私のクリニックのスマホはPCからの掲載部分が多く、どうしても文章が多くなってしまいそうです。でも読んでもらうと、私の医療へのこだわりが少し分ってもらえると思い、文章を中心に持って来ました。読んでもらえるといいのですが。今週中には出来そうです。(今朝の院長の独り言)
https://note.mu/kenkogairaisalon
http://www.yokokura-clinic.com

横倉クリニック

2019.7.20
60才まではウェートトレーニングで筋肉を大きくして見た目をよくする目的でした。60代は富士登山をきっかけに動きと持久力に務めました。最近は体幹と機能を目的のトレーニングに変りました。35才から運動に費やした時間とお金のお陰で今の身体があります。一体いくら掛けたのでしょう。70才代まだまだ身体とオシャレに時間と金を掛けます。(今朝の院長の独り言)

ページの上部へ